5頭だての馬車をご想像されてみてください


「アートマンを車主と知れ。
肉体を車、覚を御者、意を手綱と心得よ。
賢者たちは、もろもろの知覚器官を馬とよび、
諸知覚に対応する諸対象を道路とよんでいる」 (佐保田鶴治氏訳)


これは、古代インドの経典『カタ・ウパニシャッド』にでてくる、
「ヨーガの心理作業」を説明する経文です。

アートマン・・・車の所有者、真なる我、霊魂
肉体・・・車体、ボディ
覚・・・御者、運転手、精神性、思考の制御力
意・・・手綱、ハンドル、意思、思考器官、諸知覚の制御力
知覚器官(眼・耳・鼻・舌・触覚)・・・馬、エンジン

そして
道路・・・諸知覚器官の対象=人生


先月の東京マラソンの日、日本橋クラスでこの経文についてお話しさせていただいたところ
マラソンを走られるCさんが素敵なご感想をお寄せくださいました

ご本人さまの許可のもと、そのまま下記シェアさせていただきます


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何故マラソンを走るのか。
クラスのあと考えてみて、私にとっては
「今」を意識することができるからだ、と気づきました。

御者は、5頭の馬たちの疲れ具合や車体の痛み具合に常に
気を配ります。
その御者は、マラソンの本番になるとどこからともなく登場する
何か次元の違う存在(アートマン?)と対話しようとします。
気づかないうちに膝に負担が出ていないか。
知らないうちにオーバーペースになっていないか。
今水を飲むべきか、やめるべきか。
一瞬一瞬に集中します。
そこには、過去も未来もなく、あるのは現在だけ。
たとえば10キロ地点を通過したらそれはもう過去で
次の一瞬だけに集中する。
目標点はなく、一瞬一瞬だけの世界。
マインドフルネスですね!

だから、ゴールすると、達成感を感じるより
「もう私は走っていない」という淡々とした気持ちになるのだろうと
気づきました。
私にとって貴重なのは、レース中の一瞬一瞬であって、
日常生活でそこまで今に集中することはなかなかむずかしい。
その集中を体感したくて、レースに出ていたのかもしれません。

マラソンって、ヨガだったんですね!
気づきをありがとうございました。


以上✨✨✨


Cさま、ありがとうございました
fc2blog_20171220140152627.jpg

光のなんて美しいことでしょう。
清澄はいつもクリスタルな輝きで私たちを迎えてくれます


fc2blog_20171221060949e2d.jpg

今年最後の教室をこのようなエネルギーのなかで終えることができましたこと、
いつも笑顔で支えてくださる皆さまのお陰です。こころよりお礼申しあげます。


19日は「マインドフルネスについての考察」と題しまして、
今年2月と10月に登壇しました講演会、そして講義の内容を
さらにヨーガ的マインドフルライフにまとめお話しさせていただきました。


ほ・ん・とのリア充は「リア空」から生まれる(^_−)−☆

大いなる哉 心や。

「間」!、のセンスをみがき、
今ココ世界を活かしていこう

その世界には「私」、「私の」… は?


そんな話をシェアしました。


fc2blog_2017122118293734d.jpg



拙ブログをご訪問いただいている皆さま、
ヨーガクラスで学びをご一緒いただいている皆さま、

この一年も温かいふれあいをいただきましたこと
心よりお礼申し上げます。


まだまだ勉強不足ゆえ、さらに精進してまいります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


fc2blog_20171220140138878.jpg

投稿が滞っている間に、すっかり桜便りが届く時節となりました。
日ごと春の訪れを感じるこの頃ですね
皆さま、如何お過ごしでしょうか。


fc2blog_20170323221332000.jpg

今日は、老人ホームにて恒例チェアーヨーガのお教室でした。

いぁ~カラダもアタマもすっきりしたぁ って
終わったときにお声を掛けてくださったおじいさま。

お声に張りもあり、溌剌とされたその方!
なんと先週95歳のお誕生日をお迎えになったとのこと。
大正11年生まれだよ、っと
大声で笑いながらお腹をぽん、ぽん、とたたいてお部屋を後にされました

すごいなぁ。
今日もたくさんの元気をいただいて感謝のシニアヨーガです


fc2blog_20170323221410cb6.jpg

いろんな場所でご縁をいただいております。

ある病院で車椅子の皆さんとボランティアの大学生さん達と、
「意識を巡らす瞑想」の時間をもちました。
呼吸のお話とともに興味深くご参加くださいました。

ヨーガやってみたくなりました!
ヨーガって深いものなのですね!!
大学生のお嬢さん達がお声を掛けてくださいました。

することも、お話しさせていただく内容も、
御高齢者施設と病院ではまったく異なるけれど、
その神髄は同じところ。

だから感じていただけるところもみんな共通しているのですね(^.^)

有り難き ヨーガ


東京マラソン~ 

fc2blog_20170227074057480.jpg

活気漲るエネルギーに包まれた日曜日の日本橋です

fc2blog_20170227074105cf1.jpg

ランナーたちにはもちろんのこと、応援している人たちからも、
たくさんの元気をただいて

2月締めくくりのクラスへ!

fc2blog_2017022707411796f.jpg

初めてご参加くださった大学生のお嬢さんにクラスが終わったときにおどろきが!!

全く違うカラダにご本人もびっくり


はじまりの時、坐るにも、
ご自身カラダに戸惑われているご様子でしたが…

まずは呼吸法からスタートして、
いつものように、ひとつ、ひとつ、
カラダとココロ、呼吸を観察して。

余分な力を抜くこと。
頑張りすぎないでいいこと。
呼吸の流れを観じること。

重力に身を委ねて感覚を味わい、
アーサナをていねいに。ひとつ。ひとつ。


そうしたら、、、シャバーサナが終わって最後の坐りの時!
キレイに左右のバランスが整って、
落ち着いて坐っていらっしゃるお姿があるではありませんか


「これはね、りえちゃん♪ご自身の力で自分の中から変えたんだよ~」、
お声をかけると、
可愛いお顔がさらにキラキラ輝き増しました(^.^)

すごいな~Yogaって❣️
言葉を越えたところ


今月もみなさま。ありがとうございました。

fc2blog_201702270741111a3.jpg
2017.01.11 運命の種蒔き
今日はもう鏡開きですね。

新年の美しい夜物語宵の明星、金星とともに奏でていた上弦のお月様も
今は随分と東の空に移りました。明日12日はもう満月をお迎えますよ🌕


すべては止まることなく動いています。
私たちのこころも然り。

日々刻々大切に、善きに動いて「命」を「運」ぼう~
まさしくこれ、「運命」なり



たくさんの宝がみなさまへ運ばれますように~
by noriko-san




新年初クラスの日本橋はたくさんのご参加をいただき、ヨガ・ニドラでスタートしました!

サンカルパの種を繰り返し繰り返し、潜在意識へと浸透させて
この一年丈夫に育てたいと思います。


「唯識」とは
あらゆる存在はただの心のあらわれである、とみて、
自己の心のありかたを変革しようとする大乗仏教の思想です。

それは私たち人間の認識が、
いかに過去の経験や自我の影響を受けながら世界をつくっているかということを
心の深層まで掘り下げて追究していくもので、

この元になっている論書が、『瑜伽師地論』
( Yogācārabhūmi-śāstra, ヨーガーチャーラ・ブーミ・シャーストラ)です。


アーサナとともに座学の方でも、
今年みなさまと様々に学びを深めてまいりたいと考えています


by chisako-san



続く今月のクラスは、

15.22日 週末の日本橋で。
平日クラス 27日は新宿で。

みなさまのご参加こころよりお待ちしています♪


寒い日が続きますがご自愛くださいませ

初雪となりました


11月の東京に降る雪に、お花たちもびっくりしているようです。

真っ白な 景色にこころうつし ひと呼吸 (#^.^#)



こちら、日本橋クラスに初参加くださった
fc2blog_20161124101355266.jpg
@国立精神神経医療センター 11/22

フィジカルセラピストの有明氏です(^-^)/

先日、体験後のご自身の変化についてお話しくださいました。


クラスの後、お腹が空いたので何か口にいれたくいろいろ見ていた中で、
悩んだ末、手にしたのは上質なお水だけだったそうです

自然志向の自分ではないのだけれど、
その後身体にとり入れるものに無意識のうちに敏感になっていたことに驚いたそうです!


うんうん
ヨーガは代謝を促し、浄化されるので、
入る方に対しても身体と心がピュアに反応するのです。

有明さんご自身が素直な証拠!


「これを続けていくと自然と良いサイクルが生まれるのではないかと、
納得するものがありました


そんな嬉しいご感想を伝えてくだり、励みをいただきました。
ありがとうございます☆


60兆個もの細胞で成り立っている私たち。
ヨーガは、実にさまざまな気づきをもたらしてくれます。

身体を道具に、心のあり方、使い方を教えてくれるヨーガは
宇宙の法則に基づいている知恵のはたらきそのものようです(*^_^*)

2016.08.30 心の休息日
「人と比べない」
「昔の自分とも比べない」

クラスの始まりにする言葉です。


8月28日の日本橋スタジオ☆
fc2blog_201608301402480ea.jpg


今朝、主人が置いていった会社の健保組合の冊子に、こんなページを見つけました。

「たまには休もう…心の休息日<人と比べることに疲弊していませんか>」
産業カウンセラー 上野幹子さんの記事からです。

「自分が情けない、他人がうらやましい…。
そんな気持ちが強いときは、人と比べることに疲弊してきている可能性大。
心の健康を維持するためにも、たまには人と比べることを休みましょう。」


と言われても…。
社会生活の営みの中で、人と比べない、って実に難しいですよね(´・_・`)

つい周りの人と自分とを比べていまい、自信を失ったり、嫉妬心を抱いたり…
心は常に外を向いて、いろんな情報を集めてコロコロと不安になりがちです。

人はなぜ比べてしまうのでしょうか。


それは、

「肯定されたい」、「人に認められたい」という、
「承認欲を満たして安心したい」、という妄想から生じるとヨーガは観じます。

お釈迦様も、

人は自らの体験に優れた成果を見て、それ以外の者たちを劣ったものと見なす。
それこそが、苦しみを生む執着であると、賢者は悟る。
自分と他人を較べて「等しい」とも、「劣っている」とも、「優れている」とも考えてはならない。
(それらは新たな苦しみを生むからである)。


と、『スッタニパーダ』で語られています。


比べるという心のはたらきは、そもそも実在しない妄想であること。
比べても、自分の状況はなんら変わるわけではなく、安心は得られないこと。

妄想はたやすく、心は慣れているから、ついついそっちに向いてしまいます┐(´-`)┌


先の健保組合のコラム、「人と比べるのを休むコツ」として
次の4点があげられていました。

☆運動する・好きなことに熱中する
☆「人は人、自分は自分」と5回唱える
☆自分にあるものに感謝しよう
☆うらやましいと思う気持ちを認め、受け入れる

fc2blog_201608301448236c7.jpg



「わたしはわたしを肯定する」Yogaは、
まさしく妄想である「比べる心のはたらき」に休息をもたらしてくれます


朝夕の吹く風に、時の流れを感じるこの頃、
巡り来る新しい季節にも、今ここ丁寧に重ねてまいりましょうね。

9月のクラスも毎日曜日~日本橋にてご参加お待ちしております♡