2018.04.23 avyaktaの世界
いにしえの音色は…

fc2blog_20180422233022590.jpg


22日、日本橋のYogaクラスの後、
お誘いいただいた宮内庁楽部による春の雅楽演奏会に皇居を訪れました。


娘がコロンビア大学の雅楽部で笙を吹いていたこともあり
生の雅楽は何度か聞いているのですが、
「宮廷音楽」として雅な管弦と舞楽は初めての経験でした。

そういえば、初めて雅楽にふれたのは、結婚式^^
神社の挙式で、目の前で巫女さんが舞を担ってくださいました。

そう、雅楽の始まりはまさしく神に捧げる「儀礼」だったのです。


fc2blog_20180422233027585.jpg


天からさしこむ光、笙(しょう)
空を舞い立ち昇る龍、龍笛(りゅうてき)
地にこだまする人の声、篳篥(しちりき)

舞台そのものが宇宙で
いまだ五大元素が生まれる前のよう。

「ゆらぎ」には
聞いていても、なんら感情が生まれない。
ここのメロディが好き、とか、嫌いとか。
良い、とか、悪い、とか。
判断する意識が生じない。

ただそこには「流れ」があるだけ。
流れと「間」があるだけ。


淡々と旋律が流れていく世界は、
万物が始まる前のavyakta(未顕現)の世界の様相で、

それは、水の流れのように、一様で区別なく、
「ある」ようでも、「ない」ようでもなく、

でも完全に均衡がとれていて落ち着きを感じるのでした。


流れの瞬間のその「間」に宇宙の真実をみるよう。

時空を越えた世界の様相を
書物ではなく、
音色で体現しているような管絃の響きから直に
「読む」貴重な体験をいただきました。







皇太子殿下が御臨席された演奏会、
初夏の陽気につつまれた皇居のお庭とともに有り難き一日でした




fc2blog_201804121416329c8.jpg

fc2blog_201804121416252bb.jpg
3月23日の千鳥ヶ淵


は七条の光の手綱をもつ馬として車を牽く。
千の眼をもち、老いることなく、種子に富む。
詩聖たちは霊感を抱いて彼に乗る。
全世界の存在物すべてはその車輪である。

……は、あの天界を生み出した。
は、またこれらの諸世界を生み出した。
すでにあるものも、これからあるものも、
すべてはにせかされて展開する。

『アタルヴァ・ヴェーダ』 19.53.1,5


fc2blog_201804121508211a6.jpg
3月29日の上野 写真by薫ちゃん

満開の花びらが舞う中、
ヨーガクラスの総勢10名でお花見とランチ会に出掛けました。

fc2blog_20180412152939dc3.jpg


「変化」は、言葉で示せない。
「流れそのもの」は、けっして説明のできないものだけれど、

心を含むすべて具現されたものは流れだけだよと
あの「咲くら」たちが私たちに優しく説いてくれているかのようでした


fc2blog_20180412153146ccd.jpg


もうははや花水木や藤のお花を魅せてくれています♪
今年の桜を記憶しておきたくて^^;すこし季節遅れな投稿になってしまいましたが、、

ひと、ひと、この「解き」を味わっていきましょうね


fc2blog_201804121508235fe.jpg

かけがえのない美しい春のひととき
ご一緒いただきました皆さま、ありがとうございました♡
2018.02.25 今日の種
ひとはなぜ走るのであろうか。

何をもとめてゴールに向かうのであろうか。


fc2blog_20180225152007c07.jpg

東京マラソン!

今日の日本橋はエネルギーに満ちていました


fc2blog_20180225152959d61.jpg


昨日までの「わたし」が、今日の「わたし」を産み、

今日に蒔いたの種が、明日の「わたし」を産む。



善い種を蒔いて、じっくり育ててまいりましょうね☆


fc2blog_201802251528176ed.jpg

もう春はそこまで来ています

来月もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018.01.25 y=F(x)
美しい景色もつかの間に、、
雪掻きで少々筋肉痛を味わっています。

厳しい寒さが続いておりますが、
みなさま十分に温かくお過ごしでありますように


fc2blog_201801251405333c3.jpg




そろそろ話を終えなくては鬼が来てしまいそう、、急いでNY紀行括ります^^;
MoMAより


fc2blog_201801251403472c1.jpg


グリニッチから転居し、マンハッタンでの暮らしは1年数ヶ月でありましたが、
その僅かな期間に出会ったことは帰国後の活動に大きなご縁をいただきました。

シヴァナンダ・ヨーガのアシュラムやNYセンターで講師として学んだことも、
その時の、その時の、重なりがやはり今に繋がっています。

y=F(x)

それは、xにいろんな数を入れるとFという働きを受けてyが出てくるように。



fc2blog_20180119150031f2f.jpg

「生きる喜び」!
と、解説されているのをよくみるマティスの『ダンスⅠ』です。

常設のマティスの部屋にあるこの大きな絵。
私には「喜び」が少しも感じられず、
むしろ、生きていることへの、生を受けたことへの苦しみや悲しさ、
そのようなものを訪れるたびに感受していたのでした。

手前ふたりの手が離れているのは、
鑑賞者をこの「喜び」の輪に参加させている意図だと解釈されていたりしますが、
とても私にはそうと思えなくて。


でも今回久しぶりに目の当たりして惹かれるものがありました。

背後の青色が、去年に畠中光享氏の法相柱の絵に似ていた為でしょうか、
マティスのダンスにどこか宗教的な儀礼のようなものが観えて。


サークルを描いてクルクル踊りまわる果てのない「輪廻」
でも、繋がれた手が一点離れていることが解放としての「解脱」


y=F(x)
もしFの働きがゼロという空性だとしたなら、
やはりこれは儀礼の美にみる「生の喜び」かもしれない。

どんな経験xを重ねてもyにはいかなる差異は生じない。

全肯定で進めばただいいよと語りかけてくれるダンスのように見えて


でもこの式、「形式」自体は確かに成立し、普遍なものです。
この形式をいかに捉えましょうか。

今年も精進してまいります


28日今度の日曜日ははもう早1月最後の日本橋クラス(^-^)/
引き続きよろしくお願いいたします。


fc2blog_201801191504551a4.jpg
人生は「ダンス」そのもの? ^^マイナス11℃のセントラルパークにて



「観る者」とはサーンキヤ・ヨーガ哲学でいうところのプルシャ。
そのプルシャが観ているものは「自分心」がただ観ているに過ぎない、唯・識。



空はどこまで広く深いのでしょう。

fc2blog_201801021358255c3.jpg


久しぶりのNY空路、機上からの眺めに「大いなる哉、空や」と、

栄西禅師をもじって、空(くう)と心(しん)、これは同義語になるのかもしれない。
「非有非無」なりと、ākāśa(虚空)とcitta(心性)。


機中そんなことを思いながら懐かしいNYCとGreenwichを訪ねてまいりました。

fc2blog_20180102125815c17.jpg


やっぱりホリデーシーズンのNYは格別です。
いたるところ特別に優しい笑顔で溢れています。

穏やかな平和な日々が続くことを願わずにいられません。




fc2blog_20180102144955f8c.jpg



fc2blog_2018010212582487a.jpg


マンハッタンに住んでいたときの48階建ての高層アパートメントは
ブロードウェイが直ぐ側で、写真にある交差点
コロンバスサークルからも見えるここの47階におりました。

窓から見る地上はまるでミニチュアの模型のようで。
電線に遮られることのない空は贅沢にも身近に感じられました。



グロッサリーに並ぶ食材を目の当たりにすると、
懐かしく12年間の食生活を思い出し、
洗剤類をみても^^;胸いっぱいに。


一主婦としての、母としての、生活がここにあったこと、
家族を支えながら、周りの皆さまに支えていただきながらここにいたこと、

4年半ぶりに戻り、改めて
アメリカ生活の歳月を外から眺めているような不思議な現実感があり、
考えること多々いただきました。


fc2blog_20180102143842796.jpg



つれづれ長くなってしまいそうです。
次回はGreenwich編へ(^-^)/
よろしかったら拙NY紀行しばしお付き合いくださいませ。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


fc2blog_20180102144111a3d.jpg


2018年が皆さまに幸多き年でありますように

世界が平和でありますよう心からお祈り申し上げます。

2017.11.14 世親像~運慶
fc2blog_201711201618370f8.jpg

今年の一月、日本橋高島屋で開催された「興福寺中金堂再建・法相柱 柱絵完成記念展」で

偶然にもその会場で画家の畠中光享氏と出会い、直にお話しをする機会をいただいたこともあり、
来年秋の興福寺を訪れることを楽しみにしていたところ、


今秋は東京博物館に運慶来る!

fc2blog_201711201618316ef.jpg

これは必見!

なぜなら、
畠中氏は柱絵を描くに際し、運慶像をヒントに法相の祖師たちを描かれたとおっしゃっていました故に

これは無著と世親をぜひ観なくてはと(^-^)/


fc2blog_20171120173255ee4.jpg

☝️法相柱になる畠中氏の画
👇運慶作、無著と世親

fc2blog_201711201733072e6.jpg

遠くながら瑜伽の行を学ぶ身としましては(=∀=)
2m近くもあるふたりが並んだ像を目の当たりにし感動でした。


でもここにいる世親ことヴァスバンドゥ、実は、

大乗論書に対する注釈を多く残した無著の実弟であることに間違いはないのですが、
(古師ヴァスバンドゥ)

多くの重要な著作『倶舎論』や『唯識三十頌』、『唯識二十論』などを著した唯識思想の大成者である
ヴァスバンドゥとは別人だという。(こちらは新師ヴァスバンドゥと呼ばれる)


古代インド仏教瑜伽行唯識学派の僧ヴァスバンドゥには古師と新師の二人説があり、
インド哲学をご教授いただいている先生のお話しでは
運慶のヴァスバンドゥ像は古師ヴァスバンドゥの方だと。(°_°)


ならこの「法相柱 柱絵完成記念」の図録に記載されている内容も実は…間違いってコトに。

fc2blog_201711201957180ad.jpg


真相はわかりかねますが、
運慶が実にすばらしいことに変わりありませぬ(#^.^#)


fc2blog_201711202033382aa.jpg


サンスクリット語の原語から読み解くと、天部の仏神のはたらきがより明確になってまいります。

先生からご教示いただいた「四天王」の例です。

東方の「持国天」は、 धृतराष्ट्र [dhṛtarāṣṭra]「持続する国を保つもの」(マハーバーラタの登場人物!)
西方の「広目天」は、विरूपाक्ष [viruupaakSa] 「異形(特殊な)目をもつもの」
南方の「増長天」は、विरूढक [viruudhaka] 「発芽したもの(穀物)をもつもの」
北方の「毘沙門天・多聞天」は、वैश्रवण, [Vaiśravaṇa]「すぐれた名声をもつもの」

以上、奥深き梵語の覚え書きでした(^-^)/
「マインドフルネスからマインドフルライフへ、
そしてマインドフル社会へ ~大いなる哉 しんや~」

早稲田大学で講義をさせていただきました。

fc2blog_20171020125909904.jpg


“「間」のセンスをみがこう!”
暮らしの中に調和をもたらす自らのあり方、心の姿勢。

日本文化の道を通して、またマクロビオティックやインドの智慧から、
お伝えしたいことが多岐にわたり、90分目いっぱいの授業となりました。

微力ながら聴講生の皆さまに「たのしみをぞもたらす」豊かな生へ
何らかのヒントをお伝えできたなら幸いです。


古代インドの『ヴェーダ』は教えます。
「今ココにいるあなたが幸せの意味なのです」、と。


fc2blog_20171021150038351.jpg


登壇の機会をいただきました町田和彦名誉教授🍀ご縁に感謝申し上げます。