昨日訪れた哲学堂公園、河津桜が満開でした~


3月も足早に~はや半ばを迎えましたね。


1日訪れた山種美術館の「花と鳥の万華鏡」より
上村松篁の《白孔雀》


絵はがきから~

ここは何処…
息を呑む美しさに、
ふわーっと異次元へ誘われてしまいそう…

モノを観ることから何を感じ思う?
観察者が問われるアートの楽しさ、
今の自分との対峙。

観る営みは、いつも自分の心を映す。
まさしく万華鏡をのぞく思い。


7日は国立博物館へ。
「みちのくの仏像」を訪ねました。

力強く、荒々しささえも感じる仏像は
慣れ親しんで観てきた優美な京都や奈良の仏の姿とは大きく違い、驚きです。

小雨の中、梅もしっとりやさしい表情~(#^.^#)



翌日、日本橋クラス(^-^)/
「いま日本橋高島屋で『高野山ー祈りの美』が開催されていますよ~」
思いがけない嬉しいお誘いに、クラスのあと立ち寄りました。


譜面台においた図録から^^~

明治時代以降、高野山に奉納されてきた美術品の数々に、
開創1200年に合わせ中島千波氏によって制作された襖絵、
みごとな12面の桜は
もうため息もの~


好きな詩があります。
茨木のり子さんです。

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ




忘れないよう…

そんな春を迎える日々。
Secret

TrackBackURL
→http://makiko-yoga.jp/tb.php/171-b435a264