2012.10.13 Mantra Initiation


アシュラムで3週間目を終えた頃のこと、
研修生達は個人のマントラを授かりました。


サンスクリット語の音、
バイブレーションで作り上げられたエネルギーであるマントラを
固有のリズムで反復することを学びます。
それによって修行者のマインドはその特有の思考パターンを創造し始め、
非二次元的な状態、神との一体化、瞑想へと導かれるといわれます。

またマントラのJapa(反復)はマインドだけでなく、
肉体的レベルにおいても細胞と内臓に深いリラクゼーションをもたらし、
純粋な性質をもたらすといわれます。


Initiation?・・・こういった事に対し心が構えてしまう私は
?がいっぱい心身中巡っていたのでした。。(・・?)  
(これは希望者だけなので受けないこともできます。
Teachers' Trainingの仲間全員が受けましたが!)


当日は儀式直前の朝6時までにシャワーを浴びて制服を着て備えます。
日の出前の神聖な空気に包まれた中、順番に呼ばれるまで瞑想して待ちます。
顔も心も清らか!少しだけみんなドキドキの朝を迎えたのでした。


朝日が差し始め世界に色が現れた頃、私は名前を呼ばれ、
Krishna神が奉ってあるTempleのお部屋に入りました。

師からMantraの伝授を受けている最中、
不意に涙がポロポロ溢れ出し、
私が選んだ神の神性についてスワミがお話しされると、
体の芯に温かい火が灯ったような感覚がおきたのでした。。

不思議な体験でした。



その後はいつものスケジュール通り、朝8時から2時間のアーサナのクラス。
指導の先生達曰く、
「今日はみんなどうした?静か過ぎるぞ!^^」

そう、
みんな意識は違う次元に飛んでいるようでした。( ̄ー ̄)



ashram+015_convert_20121013050710.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://makiko-yoga.jp/tb.php/45-2be3bb9a