2012.10.14 Karuna
fc2blog_2012101304570847e.jpg

私の書棚に飾っているインドの神様の置物。。
これは10年前にRadhaからいただいた贈りものでした。


話は2002年の初夢に始まります。(^.^)
当時ヨガの勉強を始めた私はサンスクリット語を学びたくて
友人からインド人の先生Radhaを紹介していただきました。

彼女とお付き合いして間もなく迎えた新年に、
綺麗に着飾った2頭のインド象が私を迎えに来た夢を見たのでした!笑

そんな可笑しな夢をRadhaに話したところ、
彼女はリビングに飾ってあったこの置物をおもむろに差し出し、
これはMakikoが持っているのがいいからあげる!と、
‘Ganesha Sharanam, Sharanam Ganesha’という言葉を添えて
プレゼントしてくれたのでした。。



そして今回アシュラムで一番最初に出会ったのがRadhaという女性でした!
彼女は白人のアメリカ人でこの名前は彼女のスピリチュアル・ネームです。
シバナンダのセンターやアシュラムではスピリチュアル・ネームが通称になっているのです。
ご縁とは面白いです。ことある毎、彼女にお世話になったひと月でした。


修了式で私もスピリチュアル・ネームをいただきました。

Karuna(カルナー)と申します!
愛の女神であるLakshmi(ラクシュミ)の名前の一つで、母親の慈悲を意味するカルナーは

「人々の苦しみを知り抜いて、終焉をもたらそうと
働いているすべての高次の存在を動かしている本質」
と説明を受けました。
怖れ多いお名前をいただいて。。(T_T)
これから残りの生をこの様に生きていきなさい、と指針をいただいた思いです。


Radhaからいただいた始めの置物の話に戻りますが・・・

象の神様Ganeshaの隣にいる神様こそが。。
実は、Lakshmiなのでした!

10年前の出来事が繋がり、不思議なご縁を感じるKarunaでございます。
(*^_^*)

  ashram+059_convert_20121013050942.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://makiko-yoga.jp/tb.php/46-70d696e9