fc2blog_201803201524109df.jpg
3月18日 @日本橋


オーム ケーネーシタン パタティ プレーシタン マナハ

こころを動かすのは何なのでしょう。
まるでこころは、何かによって望まれ、
何かによって動かされているよう。
一体その正体は何ですか?

『ケーナ・ウパニシャッド』より



“世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし”

まさにこのようなこの頃
「春の心」を動かしている正体はなんでしょう?


心は何によって起こり、
感覚はどのような力によってなされているのでしょうか?
ヨーガご一緒しましょ


4月のレッスンご案内申し上げます。

☆新宿クラス 

13日 金曜日 10:10~11:50
27日 金曜日 10:10~11:50

場所: 新宿マイスタジオ
東京都新宿区西新宿7丁目9-17 5階

参加費:¥2500 

☆ヨガマットご持参ください。(スタジオのレンタル¥200)
☆10時に5階に直接お集まりください。
更衣室はスタジオ内にございます。


☆日本橋クラス

1日  日曜日11:10~12:40
8日  日曜日11:10~12:40
22日 日曜日11:10~12:40
   
場所:スタジオ・ラダ 
東京都中央区日本橋室町1-1-5 日本橋ビル4F 
 
ご参加費:¥2500 
スタジオのヨガマットレンタル¥200



申し込み・お問い合わせ先
makikoyoga.studio☆gmail.com (☆を@にかえて)

ご参加お待ちしております。

fc2blog_201803201558325a3.jpg
日本橋のたもと、交番前のしだれ桜(^-^)

5頭だての馬車をご想像されてみてください


「アートマンを車主と知れ。
肉体を車、覚を御者、意を手綱と心得よ。
賢者たちは、もろもろの知覚器官を馬とよび、
諸知覚に対応する諸対象を道路とよんでいる」 (佐保田鶴治氏訳)


これは、古代インドの経典『カタ・ウパニシャッド』にでてくる、
「ヨーガの心理作業」を説明する経文です。

アートマン・・・車の所有者、真なる我、霊魂
肉体・・・車体、ボディ
覚・・・御者、運転手、精神性、思考の制御力
意・・・手綱、ハンドル、意思、思考器官、諸知覚の制御力
知覚器官(眼・耳・鼻・舌・触覚)・・・馬、エンジン

そして
道路・・・諸知覚器官の対象=人生


先月の東京マラソンの日、日本橋クラスでこの経文についてお話しさせていただいたところ
マラソンを走られるCさんが素敵なご感想をお寄せくださいました

ご本人さまの許可のもと、そのまま下記シェアさせていただきます


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何故マラソンを走るのか。
クラスのあと考えてみて、私にとっては
「今」を意識することができるからだ、と気づきました。

御者は、5頭の馬たちの疲れ具合や車体の痛み具合に常に
気を配ります。
その御者は、マラソンの本番になるとどこからともなく登場する
何か次元の違う存在(アートマン?)と対話しようとします。
気づかないうちに膝に負担が出ていないか。
知らないうちにオーバーペースになっていないか。
今水を飲むべきか、やめるべきか。
一瞬一瞬に集中します。
そこには、過去も未来もなく、あるのは現在だけ。
たとえば10キロ地点を通過したらそれはもう過去で
次の一瞬だけに集中する。
目標点はなく、一瞬一瞬だけの世界。
マインドフルネスですね!

だから、ゴールすると、達成感を感じるより
「もう私は走っていない」という淡々とした気持ちになるのだろうと
気づきました。
私にとって貴重なのは、レース中の一瞬一瞬であって、
日常生活でそこまで今に集中することはなかなかむずかしい。
その集中を体感したくて、レースに出ていたのかもしれません。

マラソンって、ヨガだったんですね!
気づきをありがとうございました。


以上✨✨✨


Cさま、ありがとうございました
2018.02.25 今日の種
ひとはなぜ走るのであろうか。

何をもとめてゴールに向かうのであろうか。


fc2blog_20180225152007c07.jpg

東京マラソン!

今日の日本橋はエネルギーに満ちていました


fc2blog_20180225152959d61.jpg


昨日までの「わたし」が、今日の「わたし」を産み、

今日に蒔いたの種が、明日の「わたし」を産む。



善い種を蒔いて、じっくり育ててまいりましょうね☆


fc2blog_201802251528176ed.jpg

もう春はそこまで来ています

来月もどうぞよろしくお願い申し上げます。

न तत्स्वाभासं दृश्यत्वात्
na tatsvābhāsaṁ dṛśyatvāt

「心は自分自身を照らし出すことはできない。
心は見られるものであるからである。」

『ヨーガ・スートラ』第4章19の経文(訳:佐保田鶴治氏)


日常において私たちは、(わたしの)心は「見るもの」として捉えていますが、
ヨーガ・スートラは心は「見られるもの」と説明しています。

私たちは自分の体のはたらきを知っているのは自分の心だと気づいています。
では、自分の心のはたらきを知っているものは??


ヨーガ深めましょしなやかに生きよう!


3月のレッスンご案内申し上げます。

☆新宿クラス 

3月2日 金曜日 10:10~11:50
  20日 火曜日 10:10~11:50

場所: 新宿マイスタジオ
東京都新宿区西新宿7丁目9-17 5階

参加費:¥2500 

☆ヨガマットご持参ください。(スタジオのレンタル¥200)
☆10時に5階に直接お集まりください。
更衣室はスタジオ内にございます。


☆日本橋クラス

3月11日、18日 日曜日11:10~12:40
   
場所:スタジオ・ラダ 
東京都中央区日本橋室町1-1-5 日本橋ビル4F 
 
ご参加費:¥2500 
スタジオのヨガマットレンタル¥200



申し込み・お問い合わせ先
makikoyoga.studio☆gmail.com (☆を@にかえて)

ご参加お待ちしております(^-^)/
だんだん小さくなってくる。。
fc2blog_20180129095252d1e.jpg

今日の陽射しで解けてしまうかな
いつかお別れがくるのを知りつつも、少し寂しくて


2月のクラスは立春の日からスタートです

自然の摂理に順応するカラダとココロを磨き新しい軌道に自らを乗せましょうね♪

ご案内申し上げます。


☆新宿クラス 

2月13日 火曜日 10:10~11:50

場所: 新宿マイスタジオ
東京都新宿区西新宿7丁目9-17 5階

参加費:¥2500 

☆ヨガマットご持参ください。(スタジオのレンタル¥200)
☆10時に5階に直接お集まりください。
更衣室はスタジオ内にございます。


☆日本橋クラス

2月4日、18日、25日 日曜日11:10~12:40
   
場所:スタジオ・ラダ 
東京都中央区日本橋室町1-1-5 日本橋ビル4F 
 
ご参加費:¥2500 
スタジオのヨガマットレンタル¥200



申し込み・お問い合わせ先
makikoyoga.studio☆gmail.com (☆を@にかえて)

皆さまのご参加をお待ちしております。


2018.01.25 y=F(x)
美しい景色もつかの間に、、
雪掻きで少々筋肉痛を味わっています。

厳しい寒さが続いておりますが、
みなさま十分に温かくお過ごしでありますように


fc2blog_201801251405333c3.jpg




そろそろ話を終えなくては鬼が来てしまいそう、、急いでNY紀行括ります^^;
MoMAより


fc2blog_201801251403472c1.jpg


グリニッチから転居し、マンハッタンでの暮らしは1年数ヶ月でありましたが、
その僅かな期間に出会ったことは帰国後の活動に大きなご縁をいただきました。

シヴァナンダ・ヨーガのアシュラムやNYセンターで講師として学んだことも、
その時の、その時の、重なりがやはり今に繋がっています。

y=F(x)

それは、xにいろんな数を入れるとFという働きを受けてyが出てくるように。



fc2blog_20180119150031f2f.jpg

「生きる喜び」!
と、解説されているのをよくみるマティスの『ダンスⅠ』です。

常設のマティスの部屋にあるこの大きな絵。
私には「喜び」が少しも感じられず、
むしろ、生きていることへの、生を受けたことへの苦しみや悲しさ、
そのようなものを訪れるたびに感受していたのでした。

手前ふたりの手が離れているのは、
鑑賞者をこの「喜び」の輪に参加させている意図だと解釈されていたりしますが、
とても私にはそうと思えなくて。


でも今回久しぶりに目の当たりして惹かれるものがありました。

背後の青色が、去年に畠中光享氏の法相柱の絵に似ていた為でしょうか、
マティスのダンスにどこか宗教的な儀礼のようなものが観えて。


サークルを描いてクルクル踊りまわる果てのない「輪廻」
でも、繋がれた手が一点離れていることが解放としての「解脱」


y=F(x)
もしFの働きがゼロという空性だとしたなら、
やはりこれは儀礼の美にみる「生の喜び」かもしれない。

どんな経験xを重ねてもyにはいかなる差異は生じない。

全肯定で進めばただいいよと語りかけてくれるダンスのように見えて


でもこの式、「形式」自体は確かに成立し、普遍なものです。
この形式をいかに捉えましょうか。

今年も精進してまいります


28日今度の日曜日ははもう早1月最後の日本橋クラス(^-^)/
引き続きよろしくお願いいたします。


fc2blog_201801191504551a4.jpg
人生は「ダンス」そのもの? ^^マイナス11℃のセントラルパークにて



「観る者」とはサーンキヤ・ヨーガ哲学でいうところのプルシャ。
そのプルシャが観ているものは「自分心」がただ観ているに過ぎない、唯・識。



2018.01.17 Greenwich
新年の新宿クラス、日本橋クラスは
決意も新たに!サンカルパ瞑想で種蒔きをして“ヨーガ初め”いたしました

皆さまの種がしっかり根付いていきますように。
芽が丈夫に育っていきますように。


クラスで定期的に識域状態のなかで潜在意識にはたらきかけることを行い、
この一年、心にしっかり養分を与え、皆さまとじっくり育ててまいりたいと思います♪



fc2blog_20180116090449276.jpg


さて年末のNY紀行の続き、グランドセントラル駅からです。

更新を怠っているうちに1月ももう半分が過ぎ
新年も24分の1が終わりました~(*´v`)一歩ずつ丁寧に進んでいこう。


メトロノースに乗って約一時間、2001年から2012年まで住んでいたグリニッチへ。


fc2blog_20180116105204fd6.jpg

fc2blog_20180116104919548.jpg

色も、音も、
深く記憶にある空気感そのままに、
美しい様相で迎えてくれました。


一周約4キロあるこの岬を
時間をみつけてはよくウォーキングしていたところです。

日常の悲喜こもごも。
人生の哀楽。
思索し歩んだ道でありました。


訪れた日、遠くマンハッタンのビル群が晴れ渡った空にくっきりと見え
2001年の9.11を思い出しました。その日もキレイな空だった。


駅で出迎えてくださった友達とビーチで話も尽きず
マイナス9℃さえもあたたかく感じて

fc2blog_201801160902515fe.jpg


町も変わらない静謐な落ち着きさそのままで、
このような場所で生活ができたこと、子ども達が育ったこと、
幸せだったとかみしめて。


たくさんの出会いと、経験をいただいた家です。

fc2blog_2018011612050106b.jpg

ここが今の私を育ててくれたところ


ヨーガのクラスに通ってくださっていた皆さんのお顔が浮かんできました。
ワークショップでお料理したり、勉強したり、クリスマスパーティしたり、

家族の出来事、辛苦は決して少なくはなかった日々、

そんな中、出会った方々皆さまに支えていただきながら

この空間に身をおけたこと、
ここで時間「命」をいただいたこと、
ほんとうに感謝です。


もう訪れることは二度とないかと思っていた場所。

迎えてくださったGreenwichの皆さまありがとう~♪
たくさんのご馳走とうれしい再会でハートがはち切れそうな一日でした。


fc2blog_201801161202006df.jpg

後ろ髪引かれながら駅までのドライブ。
すっかり日が暮れた懐かしのグリニッチ・アベニューをあとにして。